情熱の行政書士せきかわの挑戦

日常の出来事や感じたことを思うがままに綴っていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
「ふるさと納税」制度に首相意欲 (Yahoo!ニュースより)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070507-00000012-yom-pol

ふるさと納税とは、現在住んでいる地方自治体以外に
本人の選択により個人住民税の一定割合を出身地の自治体などに
振り分けることが出来る制度です。

ニュースにあるように、首相はこの制度に前向きのようですが、
みなさんはどう思われますか?

私はこの考えには賛成です。

都心など人口の多い都市は、その分税収は大きいですが、
逆に過疎化の進んだ地域は少ないわけです。

いわゆる地域格差の問題です。

地方の自立性向上を目的に、国と地方との税収比が見直されることによって、
地域間の財政的格差はますます広がることになるでしょう。

そこで、生まれ育ったふるさとに納税することで
ふるさとを助け、守る・・・。
ふるさとを守るという言葉が大げさではなくなってきている時代ですし、
いいんじゃないでしょうか。

せっかく納めた税金の使い途。
できれば、自分の意見を反映させたいところ。
こういう意見の反映のさせ方もあるのだな~と感服です。


応援ありがとうございます。
励みになっています。
<コースター事故>全国の都道府県に緊急点検指示 国交省(Yahoo!ニュースより)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070506-00000044-mai-soci

悲しい事故が起きてしまいました。

私は、遊園地にはめったに行くことはありませんが、
いわゆる絶叫系マシンは好きです。

ジェットコースターに乗るのは怖いですよ。
それでも楽しいのは、安全だからです。

ジェットコースター等の絶叫系マシンは、
安全にスリルを味わうことが出来ることに意味があるのでしょう?

とにかく、全国の遊戯施設には、早急に厳しい基準を持って検査をしてもらいたいものです。


今回、事故でお亡くなりになられた方のご冥福をお祈りいたします。



クリックして頂けると励みになります。
<携帯電話>「1円」「0円」端末、「販売奨励金」に秘密が(Yahoo!ニュースより)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070504-00000035-mai-bus_all

このカラクリは以前より知っていました。
私はこの仕組みにはメスを入れたほうが良いと思っています。

端末のメーカーにも言い分はあるでしょう。
しかし、分かりやすく競争をしてもらいたいのです。

例えば、シンプルな携帯が1万円で多機能の携帯が4万円.だったら・・・
シンプルな方を選ぶ人は増えると思います。

それがシンプルなものも多機能なものも同じように0円、1円では
多機能の方がいいということになりますよね。

これでは、知らず知らずのうちにローン契約を結ばされているようなものです。

やはり、端末代は端末代として、通話料、通信料とは区別して欲しい。
端末を分割払いにすれば、月々の請求額はさほど安くはならないだろうけれど、
その方が納得がいくというか透明で分かりやすいと思いませんか。

今や、携帯は持ちたくないと思っても、
持たなければ周りが困ってしまいます。
半ば、持たなければならなくなってしまったようなもの。

それにしては、携帯代は高すぎるような気がします。
インターネットの通信料はどんどん安くなっているのに。
携帯もPHSの定額制くらいに下がってくれないかなぁ。



クリックして頂けると励みになります!

<憲法記念日>「安倍改憲」に賛否両論 施行60周年 (Yahoo!ニュースより)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070503-00000052-mai-pol 

今日は、日本国憲法の施行からちょうど60周年。

憲法といえば、最高法規であり、
憲法に反する法律は作ってはならないことになっています。

つまり、一番エラい法律とでもいいましょうか。

しかし、この憲法、60年もの間、いまだに改正されたことがありません。

60年も経てば、時代は変わりに変わって、ほとんど別世界?
それでも基本は変わらないということでしょうか。

憲法は抽象的で、解釈によるところが大きいため
改正せずに済んでいるとも言えるでしょうが、
私はこの60年にロマンを感じています。

それでも、時代の変化や世界情勢で改正すべきところがあった場合には
これまで改正がなかったことを足かせにしてはならないとも思います。

憲法改正に賛成か反対かは
やはり、その内容によるでしょうか。
じっくり考えたい問題です。



クリックして頂けると励みになります!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。