情熱の行政書士せきかわの挑戦

日常の出来事や感じたことを思うがままに綴っていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
前回、一般知識に関して、足きりにならない程度まで勉強するようにお勧めしました。
では、その足きりにならない程度の勉強について考えてみたいと思います。

まず、一般知識というと、ノンジャンルの雑学のようなものをイメージする方が多いかと思います。
しかし、確かに範囲は広いものの、範囲は無限ではありませんし、ノンジャンルでもありません。

平成18年度の場合ですと、
試験科目は、行政書士の業務に関連する一般知識等(出題数14題)とされており、
その内容は、政治・経済・社会、情報通信・個人情報保護、文章理解と発表されています。

この発表をみると、平成18年度の試験制度の改正では、一般知識についての範囲が明確になって勉強しやすくなったと思います。

そして、この中での一番のポイントは、情報通信・個人情報保護でしょう。
特に個人情報保護法は条文も少なく、出題されることがほぼ決まっているわけですから、確実に押さえるべきです。
ちなみに、18年度の試験では、個人情報保護に関しては3題出題されました。
文章理解も3題出題されましたので、政治経済が1問も正解できなくても、この6題で足きりクリアです。

これは、あくまで理屈上の話で、例え話です。
しかし、個人情報保護に関しては、法令科目だと思って、
満点を取るつもりで頑張ってもらいたいものです。

また、情報通信に関しても比較的、勉強する部分が限られているところですから、
用語等、押さえておくと良いと思います。
行政手続オンライン化法は、行政書士の業務に関連すると言えますので重要でしょう。

そして、文章理解を3題正解としてカウントしてしまいましたが、
もし、文章理解が苦手であるなら、過去問等を使って練習すべきです。
出題方法にパターンがありますので、練習でコツさえつかめれば出来るようになると思います。
出来れば3問とも、少なくても2問は正解したいところです。

話をまとめますと、範囲の広い政治・経済・社会以外でしっかりとした対策をして、
足きりを目指すということになります。

しかし、この戦略はあくまで優先順位や力の配分についての話ですから、
余力があれば政治・経済・社会も勉強してくださいね。



クリックお願いします!
励みになっています
スポンサーサイト

はじめまして^^

私の芸能サイトで
こちらの記事を紹介させて頂きましたので
ご連絡させて頂きました。

紹介記事は
http://newstoday0001.blog95.fc2.com/blog-entry-479.html
です。

これからもよろしくお願いいたします^^

2007.04.21 04:27 URL | ホットキーワード #- [ 編集 ]

>ホットキーワードさん

はじめまして!
ご紹介ありがとうございます。
またよろしくお願い致します。

2007.04.21 11:54 URL | せきかわ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://sekikawa.blog94.fc2.com/tb.php/64-97825428

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。