情熱の行政書士せきかわの挑戦

日常の出来事や感じたことを思うがままに綴っていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
民法、行政法についてどちらを先に学習したらよいかを考えてみましたが、
理解のしやすさ、出題数等の優先順位から考えて、行政法を先にすることをお勧めしたいと思います。

よって、お勧めする学習順序は
憲法→行政法→民法→商法→基礎法学 となります。
その次に一般知識を学習することになります。

民法、行政法に限らず、理解のしやすさについては、
あくまで主観的なものであることをご了承くださいね。

ただ、理解について言えることがあります。

全然理解できなくて投げ出したくなるようなことも、反復学習することで突如理解できるようになることがあるということです。

ぼんやりとしたまま先に進むことは不安なことですが、
一通り終わらせて全体を理解することで分かることもあります。
また、問題を解くことで理解できることもたくさんあります。

ですから、学習計画を立てるときには、
出来るだけ早く1回目の学習を終え、余裕を持って何回も回せるように、
そして、なるべく多くの問題演習の時間を設けるようにしましょう。



クリックお願いします!
励みになっています。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://sekikawa.blog94.fc2.com/tb.php/60-d8951662

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。