情熱の行政書士せきかわの挑戦

日常の出来事や感じたことを思うがままに綴っていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
高校に入った私は、今度はみんなと溶け込もうと意気込みました。
そしてクラスメートの誘いを受けるままに、野球部に入部したのです。


いきなりの硬式野球に不安はありましたが、もともと野球は好きだったのとあまり強い部ではなかったため、私でもなんとか練習についていくことができました。
少人数だったため、レギュラーにもなれました。
自転車で往復1時間ほどの通学と部活動のおかげでだいぶ体力もつきました。
今となってはいい思い出です。


苦しかったこと、頑張ったことはあとになってみれば、例外なく良い思い出になっています。


ただ、中学時代に比べ少しずつ友人も出来るようになったものの、相変わらず性格は内向的で、人と打ち解けるようになることは苦手なままでした。


ここで少し考えてみたいと思います。
内向的で人との交流が苦手であることは果たして性格のせいなのか?ということです。


なにが言いたいかというと、それってスキルの問題でもあるんじゃないかと思うんです。
生まれついて、または成長過程での性格の影響ももちろん大きいでしょう。
ただ、これは自分で克服したいと思えば、スキルを身につけることで克服できることなのだと今は思えます。


それは私が大学生活を送る中で自分自身を変えることが出来たからです。
いや、厳密に言えば変わったというより身についたのだと思います。


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://sekikawa.blog94.fc2.com/tb.php/6-2b2f29a8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。