情熱の行政書士せきかわの挑戦

日常の出来事や感じたことを思うがままに綴っていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
憲法の次については、民法か行政法かで少し迷います。
どちらを先にするかはひとまず置いておきます。

基礎法学は、基礎という言葉とは裏腹に攻略は難しいです。
言うなれば、法律に関する一般知識全般といった感じでしょうか。
ですので、法令について一通り学習を終えた後のほうが理解しやすいのです。

商法については、民法の後にした方がよいです。
商法は民法の特別法だからです。
ちょっと語弊があるかもしれませんが、原則と例外のような関係です。
一般法である民法に対応させながら、商法を学ぶと良いかと思います。

さて、民法か行政法についてですが、
感想としては、民法は理解しにくく、行政法は覚えることが多いという感じです。

民法は、受験生が挫折しやすいとも聞きます。
しかし、二度三度と反復していけば理解できるようになるかと思います。

行政法は、法令科目の中でも一番出題数も多く、
勉強したことが点数につながりやすく、点数を稼ぎやすい科目です。
逆に言えば、行政法で稼がなければならない、落としてはならないということも出来るかと思います。



クリックお願いします!
励みになっています。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://sekikawa.blog94.fc2.com/tb.php/59-c2320b53

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。