情熱の行政書士せきかわの挑戦

日常の出来事や感じたことを思うがままに綴っていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
行政書士勉強法 ①で、勉強法のポイントとなる項目をあげました。
詳細について触れる前に、勉強に取り組む前提となる話をします。

勉強方法についての話ですので、あえてポイントには入れなかったのですが、
一番の重要なポイントはモチベーション(動機づけ)を持続するという精神的なものであると思っています。

目標は、そのための行動があれば大抵は達成できますよね。
ただ、行動するには無意識なものも含めて感情が必要であると思います。
そして、行動力の強さはモチベーションの強さに比例するといっても言い過ぎではないでしょう。

ですので、目標を達成する上でモチベーションは欠かせない要素であると思うのです。

また、モチベーションについて求められるのものは強さだけではありません。
強さよりもむしろ持続させることが必要となります。

では、持続させるためにはどうしたらよいかというと、その目標に向かう理由を明確にしておくことが一つ。
例えば、行政書士試験に関していえば、なぜ資格が欲しいのか、なぜ行政書士になりたいのか、ということですね。

そして、目標を達成できたときのメリットを知ることです。
この目標を達成できたときにはこんなことが待っているんだということをイメージできるようにしておきます。
ちなみに、物的欲求は色褪せやすいように思いますので、これらは物的なことよりも精神的なことのほうが気持ちを持続できるように思います。

それでも、やっぱり気持ちの持続というのは難しいものです。
取り組み始めのときは内からあふれ出てきた強い気持ちも、時間と共にしぼんでしまうこともありますよね。
そんなときは、セミナー等に参加して人の話を聞いたり、本を読むなどして、外から良い刺激を受けるのも良いかもしれません。



クリックお願いします!
励みになっています。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://sekikawa.blog94.fc2.com/tb.php/53-90d983a8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。