情熱の行政書士せきかわの挑戦

日常の出来事や感じたことを思うがままに綴っていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
何社かの不採用を受けて、
私はアルバイトに対する考え方を改めることにしました。

そもそも、アルバイトは受験勉強をするためにするわけですから、
受験勉強中心の生活リズムを考えた上でのアルバイトにするべきだと思ったわけです。

まず、勉強方法。
短期決戦、何としてでも1回で合格を最優先に考えました。

独学か予備校かについては全くの初心者ということもあり予備校を利用することにしました。
予備校の講義を完璧に押さえれば合格できるだろうという算段です。

勉強時間については、アルバイト以外の時間はなるべく勉強に充てることを考えました。

では、時間帯はどうするか。
イメージをしてみました。

①朝から夕方までアルバイトをして、帰ってきてから夜中まで勉強をする。
仕事から帰ってきたら勉強する前に疲れているのではないだろうか?
勉強に集中できるだろうか?

②朝から夕方まで勉強し、夕方から夜中までアルバイトする。
朝起きるのが辛いのでは?とも思えるが、
ある程度の睡眠時間さえ取れれば、問題なさそう。
集中して勉強もできそう。

イメージしてみて気付いたのですが、
自分としては②のように朝から夕方まで勉強をする方が、
より受験勉強中心の生活が出来そうです。

こうして、私は生活の枠を決め、夜に働ける仕事を探すことにしました。



よろしければクリックを!励みになります。
1日1クリック有効です。
スポンサーサイト

ここで、まず。
すごい冷静に診断されてますよね。
ここでつまづくと、後になってもずっと自分のペースがつかめなくなってしまいますから。
でも、せきかわさんなら、どんな「境遇」だったとしても(もし、逆の時間帯の仕事が決まったとしても)、やり遂げたと思います。
いかがでしょう。。。

2007.03.30 17:58 URL | まりりん #- [ 編集 ]

>まりりんさん
どうでしょうね~。
でも、そのときの境遇の中での最善は考えたとは思います。
やはり重要なのは境遇よりモチベーションでしょうね。

2007.03.31 01:31 URL | せきかわ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://sekikawa.blog94.fc2.com/tb.php/39-68abb3a4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。