情熱の行政書士せきかわの挑戦

日常の出来事や感じたことを思うがままに綴っていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今回はお仕事やお勉強など

さまざまな分野で戦われている人に

参考になったら・・・という話です。



「人の2倍働くとは時間でいうと1.4倍でいい」


これは
「小さな会社☆儲けのルール」(竹田陽一・栢野克己 著)
にあった一節です。(P246~)

できないのなら人の2倍やれ、といいますけれど
普通の人が7時間労働だとすると
2倍働くには10時間ほどでいいんですね。

なんでそうなるのか
詳しい話は本を読んでいただくとして

僕はこの話は経験からもしっくりきました。

見方を変えれば、
ちょっと時間が違っただけで、すごい差が出るってことですよ。

ここでいう時間とは量の部分。

質をあげる努力はもちろんのこと
人より長時間頑張れば、
能力の差なんていくらでもひっくり返せるんですよね。

このことを再認識したからか
僕は行動の量が増えてます。

そんなわけもあって
このお話を紹介してみました^^
スポンサーサイト

(━_━)ゝウーム
今の私には耳の痛いお言葉です。。。^^;
人の二倍。。。
(━_━)ゝウーム
今は二分の一も満たしていないかも。。。
( ̄◇ ̄;)エッ

2008.03.16 17:27 URL | 花梨 #- [ 編集 ]

 せきかわさんの仰るとおりですが、経験則上次のようなパターンがあると思います。

 1.競争が激しかったり、人気の高い分野での成功は、相当な努力無しには成功は難しい。場合によっては、努力しても叶わない場合も多々ある。

 2.敢えて手間が掛かる分野とか、非常に複雑で面倒と思われている分野こそがビジネスとしては成功し易い。

 1は皆さんご存じだとしても、2はバージン航空のブランソン会長がかつてあるインタビューで述べた時に、私は「なぁ~る程」って思った記憶があります。


2008.03.17 05:10 URL | 覆面行政書士ミル・マスカラス #1DC2eodg [ 編集 ]

>花梨さん
二分の一も満たしていない理由にもよると思うんですけど、まずは目標を整理されるといいと思います。
なんとしてでも今年合格したいと思えば自然と動けるようになると思いますよ^^
怖いのは、何のために勉強してるんだか、合格するとどうなるのかがいまいちピンとこない場合です。
勉強以外にもお仕事とかいろいろあって大変だとは思いますが頑張って下さい。

>覆面行政書士ミル・マスカラスさん
2番は、まさに先生の専門とされている業界なんじゃないでしょうか?!
語学が参入障壁になっているように僕は思います。
ビジネスをやるうえで参入障壁については意識していなければとは思っています。
行政書士という資格だけでは参入しがたいとは思えませんものね~。

2008.03.18 00:21 URL | せきかわ #- [ 編集 ]

本が届いたのでP246~から(だけ)読んでみます^^
試してみたくなりました^^
1.4倍、非常~に気になります。てへっ。

2008.03.22 22:11 URL | kudota #0DW/rr8Y [ 編集 ]

>くどたさん
おぉぉ、実際に本を手にされ読んでいただけるんですか^^
うれしいです!
勉強、仕事に役立ててもらえたら幸いです。

2008.03.24 00:01 URL | せきかわ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://sekikawa.blog94.fc2.com/tb.php/218-d1e1edfb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。