情熱の行政書士せきかわの挑戦

日常の出来事や感じたことを思うがままに綴っていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
私は行政書士の資格を取る際に
どの資格にするかについては本当にさらっと決めてしまいました。

チョコレートパフェにするか
白玉クリームあんみつにするかでしばらく考え込んでしまうほど
優柔不断なこの私が。

さらっと決めたといっても
1日2日は考えましたけれども

それでも決めたあとは
全然迷いは生じませんでした。

なぜか?

それは目的が起業の手段やきっかけだったからだと思います。

勉強を始めるときの情報では

1年くらい勉強すれば取得できて
他業種に比べて比較的少ない資金での独立が可能。

何にもない自分にとっては
これはとても魅力的でした。

だからこれが一番。
内容はその次です。

もちろん、どういう仕事をするかもチェックしましたよ。
でも、正直よくは分からなかった。

さまざまな手続きを代行?
役所にいって書類を提出?

スーツをバシっと決めて
なんか格好よさそう。(笑)
そんな感じです。

そんなだから、
まず先に具体的にやりたい事があって
それをするためにはこの資格が必要だから
取得を目指すって人が私には輝いてみえます。

どういう動機が正しいってわけではないけれど
頑張ってやりたかったことを成し遂げてもらいたいって思います。

でも・・・
ミクシーとかをみていると
行政書士を勘違いしている人が結構いるんですよね。

行政書士が出来ることについてもそうだし
収入についてもそう。

例えば、強くやりたいと思っていたことが
実はこの資格では出来ないと知った時
または資格がなくても出来ると知った時。

例えば、やりたいと思う気持ちがなくなった時
別にやりたいと思うことを見つけた時。

そんな時には諦めずに
迷わず行けよ、行けば分かるさ
とカッコよく言ってみたくもあるんですけど
どうしても動機のパワーは落ちてしまいますよね・・・。

資格を取るまでの過程が楽しいとか
取ったときの達成感を得たいとか
他にそういった理由があるなら、いいんですけどね!

迷いが生じて動機が弱まると
動機はガソリンみたいなもんだから
トロトロ運転になってきて
走ることは出来なくなってしまいます。

ちなみに私。
読書は買った本でも途中までで最後まで読まずに終わることがあります。
3回も4回も読む本もあります。
本を読むのにも動機が必要なんですね。

資格は道具みたいなもんだと思います。

道具は便利。
使い方は人それぞれ。
上手く使う人もいるしそうでない人もいる。

でも道具である以上
用途ってものもあるわけです。

包丁でお湯は沸かせません。
スポンサーサイト

私も試験勉強してますが、はっきりとした目標があるわけでもなく、子供が生まれた時にこういう資格があると社会復帰しやすいかな…程度の気持ちで目指しています。
こんな漠然としたきっかけなので、勉強しても続かないかなと思っていましたが、せきかわさんとかほかの現役行政書士の方のブログを見ると、なんか楽しそうに見えてとてもわくわくするんですよね。それがとてもいい支えになっています。
将来、この資格がいい道具となればいいな☆

2008.02.24 10:37 URL | kimmie #FiPkFC0s [ 編集 ]

 行政書士という資格は、その条文からすれば可成り広範囲な業務が独占業務として保護されているわけです。変な話ですが、ビジネス面で考えれば、これだけでも凄いメリットがあるのです。ですから、他士業の領域を侵したり、真似をすべきではないし、する必要性などは全くない筈です。

 資格で開業といっても、ある意味ではビジネス感覚は絶対に必要です。よく、「私、XXの資格持っていますが」と言う方々がいますが、運転免許を持っていて、ドライバーとして運転技術に優れているかどうは全く別問題です。こう言う方々は、いわゆるぺーパードライバーである方々が殆どです。

 失礼な言い方かもしれませんが、クライアントや依頼は天から降って来ることはありません。どんなに資格を沢山持っていてもビジネスマインドの無い方は決して独立開業で成功はできないと私は思います。勿論、ビジネスマインドだけでも困るのですが・・・。

 せきかわさんの仰るとおり、行政書士という国家資格を道具として、どう上手く使いこなして行けるか、それが鍵だと私自身は思っています。

2008.02.24 19:18 URL | 覆面行政書士ミル・マスカラス #1DC2eodg [ 編集 ]

>kimmieさん
勉強をはじめるきっかけは漠然としたものでも、勉強を続ける中で、合格したらどうなるのかがイメージできて、それが魅力ある未来なのであればやる気も沸いて来ると思います。
僕のブログが合格後の参考になるかは分かりませんけど、楽しいってのは実際そうですね^^
僕はワクワクして過ごしているし、それがとても楽しいです。
kimmieさんにもワクワクしてもらえてるなら、とても嬉しいです。

>覆面行政書士ミル・マスカラスさん
仰るように行政書士には本当に多くの独占業務がありますよね。
この広範囲はフィールドを外れる必要は全くないというのは全く同意見です。
運転免許の例はとても分かりやすいですけど、行政書士資格の場合はそれ以上に全くもって別問題ですよね^^;
行政書士は道具としては、便利だけれども手に入れただけでは使えるもんじゃないし、宝の持ち腐れになってしまう気がします。
腐らせないようにしなくちゃいけませんね!

2008.02.24 22:11 URL | せきかわ #- [ 編集 ]

行政書士は直接介入が出来ないということはわかっていたのに、
・・・というジレンマのようなものに
ぶつかることが最近続いてます。
けれど、やる気がそれで失うということはないですよ。
やっぱりこの資格は欲しいし、介入は無理でも
予防的な問題解決は出来ると思っているし、
今までの経験を生かせる方向で何か出来るんじゃないかと
やってみるのもいいかもしれないし。
まずは今年の試験には合格しないといけないのですけどね。

2008.03.13 10:03 URL | なむ #- [ 編集 ]

>なむさん
ジレンマは何にでもつきものだと思いますよ。
例えば警察だって、捕まえたいのに法的または立場的に捕まえることが出来ないこともあるように。
なむさんの中ではもしからしたら、まだ資格をどうやって使うかでモヤモヤしてるところもあるかもしれませんが、資格を取る前になむさんほど具体的に考えられている人はそんなにいないんじゃないかと思いますよ^^

2008.03.14 19:13 URL | せきかわ #- [ 編集 ]

深いお言葉ありがとうございます。
モチベーションが下がりつつある
今のσ(・・*)アタシには心に響く
言葉です。。。(┯_┯) ウルルルルル

2008.03.16 17:30 URL | 花梨 #- [ 編集 ]

>花梨さん
モチベーションUPと維持には、次の2つがポイントだと思います。
1つ目は、行政書士に合格するとどうなるのか?
今とどう違うのか?を具体的にイメージ出来るようにすること。
いかに、自分にとってのメリットを見出せるかがポイントです。
ここで、自分には必要ないと思ったら、合格は難しいと思います。
というか、必要ないなら受ける必要もないですよね^^;

2つ目は、勉強することで、成績があがり、合格に近づくのだということを身を持って知ること。
勉強したって出来るようにならないと思っていたら勉強する気にならないですよね。
例え少しずつでも出来るようになっているのなら、量をこなせばいずれ達成できます。
できれば、この勉強法はすごい!と自分で酔えるくらいの勉強法を確立できればなおよいと思います。
楽しくなってきます。(笑)

2008.03.18 00:30 URL | せきかわ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://sekikawa.blog94.fc2.com/tb.php/216-838b6008

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。