情熱の行政書士せきかわの挑戦

日常の出来事や感じたことを思うがままに綴っていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ミクシーのニュース記事に関する日記を見て
意外な反応をしている方が多くて驚きました。

こちらのニュースに関する日記です。

重体だった万引き男が死亡 暴行加えた店員を逮捕
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070918-00000921-san-soci

万引きする方が悪い、容疑者は悪くない、逮捕はおかしい、正しいことをした…等等
そういった意見の方が意外に多いのです。

これが世論なのでしょうか?
おっかないですね。

万引きが悪いなんてことは誰でも知ってる。

自分の店のものを盗まれて腹立たしい気持ちは
分からないでもないですけど…

産経新聞の記事によると
「取り押さえて床に倒し、首などを押さえつけた上に腹をけるなどの暴行を加えて窒息による低酸素脳症などで、意識不明の重体にさせた疑い」とあります。

実際の状況がどうであったかは分かりませんが、
取り押さえられたのならば、蹴る必要はないでしょう?
しかも意識不明になるほどに。

これは罪の重い軽いの問題ではないです。
問題となるのは緊急性と必要性。
例え、この犯人が殺人犯だとしても当然許されることではないと思います。

罪人に罰を与えるのは正義感を持った民間人の役目ではないのですから。


スポンサーサイト

 いわゆるリンチ(私刑)に近い行為です。かつて、某新大陸の大国で、法や秩序が無かった時に、当たり前のように横行していました。その後も人種差別で、正当防衛の名の下でリンチが多数行われました。
 浮浪者への暴行も、ある意味では似ています。こういった行為に賛同する神経を持つ人達が多いというのは、彼らのような私刑を行う人間から守るために正当防衛を本当に正当化してしまいます。そうなると、二極化した社会の憎しみの連鎖になる可能性あります。
 せきかわさんのおっしゃるとおり、日本も恐い国になって来ました。
 

2007.09.19 08:02 URL | 覆面行政書士ミル・マスカラス #1DC2eodg [ 編集 ]

>覆面行政書士ミル・マスカラスさん
人種差別や浮浪者への暴行などは暴力の正当化によるのでしょうね。
暴力は正当化されないという認識が必要だと思います。
ストレス社会で溜まったストレスをどう吐き出すか。
こういったことも考えるテーマであるように思います。
「憎しみの連鎖」は避けたいものですね。

2007.09.20 00:08 URL | せきかわ #- [ 編集 ]

確かに死まで至らしめるのは、言語道断で許されるべきではないのですが、事の発端を作ったのは万引きをした人間ですから、10:0ではないですよね。
万引きしなけりゃ、店員も暴行しなかった。決して店員を擁護しているわけではないのですが・・
あと、店員が一人だったら暴行に走らなかったかもしれませんね。
 2人いたから集団(?)心理で暴行に走ったのかもしれません。
 最近の少年犯罪に関しても、一人ではそのような行動に走らないのに、複数人になることによって個々の罪の意識が薄らいでいくと言われています。
 

2007.09.21 01:03 URL | すず #- [ 編集 ]

>すずさん
集団心理って、ときには怖いと思います。
おっしゃるように、罪の意識が弱まることがあるでしょう。
いじめなんかが典型的な例ですね。

2007.09.22 01:14 URL | せきかわ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://sekikawa.blog94.fc2.com/tb.php/200-21d04280

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。