情熱の行政書士せきかわの挑戦

日常の出来事や感じたことを思うがままに綴っていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
行政法のおさらい後半です。
後半もざーっと流れを見ていきましょう。

前半部分では
法律による行政の原理により
行政行為を事前に制定された法律に従わせて
国民を保護、救済するんだということをやりました。

では、後半はというと
具体的にどうやって保護、救済するのかということを学びます。

行政行為以降の後半の単元を見てみましょう。

行政手続法、行政不服審査法、行政事件訴訟法、
国家賠償、損失補償、公物とあります。

公物は別になりますが
行政手続法は行政活動を完結するまでの事前手続き
行政不服審査法以降で行政活動後の事後手続きを定めたものと
分けることが出来ます。

行政不服審査法と行政事件訴訟法。
対比して勉強されているとは思いますが
なぜ、この2つの制度が用意されているのか?

ピンとこないようであれば
それをまずテキストから読み取って下さい。
それぞれに目的があります。

目的をそれぞれ理解すれば
共通点と相違点を細かく勉強したときに
理解しやすいと思います。

国家賠償、損失補償は金銭で救済を図るもの。
違いは行政活動が違法か適法かということですね。

以上、後半の流れを見てみました。

このように意義を大きく捉えてから
それぞれを具体的に見ていくと理解しやすいと思います。

また、ただ与えられた情報をそうなのか、そうなのかと頷いているよりも
自分から知りたい情報を取りにいくという姿勢の方が
収穫は大きいと思うんです。

例えば、行政手続法なら
事前に踏まなきゃいけない手続きということまでは分かっているわけだから
どんな行政活動を対象にどんな手続きを踏まないといけないんだろう?
という観点で入っていけるわけです。

それで、なるほど、
処分、行政指導および届出に関する手続きならびに命令等を定める手続きが
適用対象なんだな。
適用除外?例外もあるのか・・・と広がっていくんですね。

ここ数日お話してきましたこのテーマ。
勉強されている方には当たり前な内容だったかもしれませんが
何かしら気付きのきっかけにしてもらえたら嬉しいです。



ポチっ!としてもらえると励みになります。
スポンサーサイト

前半・後半をとうして読みました。
恥ずかしながら中途半端に覚えてたんですよ。
改めて知識の曖昧さを知ったのですが、曖昧な物には
今回は早めに対応するようにしていました。
・・が、さとみんみんさんのブログで迷って
しまってました。
反省。

2007.08.23 01:37 URL | なむ #- [ 編集 ]

>なむさん
なむさんが今回迷ってしまったという行政事件訴訟の類型はややこしくて迷いやすい所だと思います。
本試験までにはしっかり押さえておいてくださいね^^

私は当事者訴訟の意味が直前の10月くらいまで分かりませんでした。
それがずっと気になっていて、予備校の質問カードというのを初めて使って納得出来ました。

ちなみに本文最後に当たり前の内容だったかもしれないと書いてますが、実はこの時期にきて結構勉強を積んでいても、こういうことって見落とされているんじゃないかと思って書いてみたんですよ^^

2007.08.23 09:26 URL | せきかわ #- [ 編集 ]

行政手続法と行政不服審査法には
ハッキリとした法律の目的条文がありますが
行政事件訴訟法にはありませんよね(形だけはありますが)

行政法の科目横断問題を、意識して勉強すればするほど
混乱してきてしまいます(笑)

2007.08.23 11:38 URL | マグナムTK #- [ 編集 ]

私の使っているテキストって分かりやすくてとても詳しく書いてあるのですが、その分量が多くて、せきかわさんが今回書いて下さっているようにすっきり簡潔に、上から全体を見渡す視点、というものが養いにくいように感じていまして。。。
簡略化しつつ、分かりやすくまとめるのって本当に大変な事だな、と改めて思います。

こうして全教科まとめることができたらだいぶ頭の中がすっきりすることと思います。
自分でもやってみますねv-91

それにしても、行政法をなんとかしないと合格は遠いですよね。。。
問題をやりつつ、棚の強化にも努めないとv-393

2007.08.23 14:40 URL | さとみんみん #d3xRQPUk [ 編集 ]

>マグナムTKさん
あ、ホントですね。
行政事件訴訟についてはこの法律の定めるところによるということしかありませんね。
行政事件訴訟法は審査請求前置主義である等、行政不服審査法に対して補完的なものというイメージがあります。

また、それぞれにメリットとデメリットがあると思います。
行政不服審査法、行政事件訴訟法は一つ一つ丁寧に照らし合わせて、ガッチリと押さえたいです。

2007.08.23 23:19 URL | せきかわ #- [ 編集 ]

>さとみんみんさん
結局のところ、点数を取るための知識というのは、さとみんみんさんが使われているテキストに詳しく書いてあるところだと思います。
しかし、それが何を掘り下げて詳しく書かれているのかを把握していないと断片的になっちゃうんですよね。
ちょっと違う角度から出題されたり、紛らわしいところを突かれたりすると出来なくなってしまいます。
いやぁ、散々えらそうなこと言ってますが、自分がそうだったんですよ^^;

2007.08.23 23:24 URL | せきかわ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://sekikawa.blog94.fc2.com/tb.php/187-4fa69f84

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。