情熱の行政書士せきかわの挑戦

日常の出来事や感じたことを思うがままに綴っていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今回はご質問を頂きました答練の復習について
お話したいと思います。

これまでにもお話してきた通り
答練、模試は重要なツールです。

力を入れて勉強していきましょう。

それでは、まず復習の前に
答練を解くときには復習の下準備をしておきます。

答練・・・もう始まっちゃってますよね。
もっと早く言えば良かったと反省。
答練が終わっていたら、模試のときに是非試してみてください。

下準備とは何をするかというと
理解できていて復習する必要のない肢は
番号の横にチェック等の印をつけておくのです。
(○にしなかったのは正誤問題の○と区別するため)
肢ごとに判断するのがポイントです。

また、問題は再度使うので、
書き込みは消しゴムで消しやすいようになるべく薄めに記入します。

問題を解き終えましたら、復習を始めます。
復習は、やはりなるべく問題を解いた感覚が残っているうちに早めに行います。
できれば当日がいいですね。

では、ここから答練の復習として、ちょっとした作業を行っていきます。

問題を解き終えましたら、答え合わせの感覚で
問題と解答解説を並べて読み進めていきます。

解説にはチェックをつけた問題も、このときは目を通すようにします。
解説はテキスト同様、
大事だと思ったところにはアンダーラインを引くといいと思います。

チェックをつけた肢以外は、不安がある、または理解できていない肢です。
すべてひとつずつ検討していく必要があります。
解説で分からなければテキスト、六法を使って納得できるまで調べましょう。
調べても分からなければ人に聞くようにしましょう。

テキスト等には書き込む必要はないと思います。
今後は答練そのものをテキストにしますので。
それでも、この検討には時間がかかると思います。

そして、問題を解くときに肢の横に記入していた正誤の○や×を消して、
達成度により肢ごとに○、△、×等の印を入れていきます。

正解できても、不安があれば○にはせずに△に。
○は、もう見る必要のない肢です。

こうして、ひと通り全肢を見直し検討して、達成度の印をつけたら
1回目の復習は終了です。

2回目の復習では、○のついた肢を飛ばして問題を解いていきます。
△ や×をひとつでも多く○にしていけるように頑張ります。

こうして回数を重ねていき
理解が不十分であるところを塗りつぶしていくわけです。

この方法は答練に限らず、模試や問題集でも使えると思います。
塗りつぶしていくことで復習の効果が実感できますので
やりがいもあると思いますよ。

また、塗りつぶしですので、
1回目より2回目と回を追う毎に時間は短縮できます。

ちなみに、私は、直前期に答練6回、模試4回
合計10回を1サイクルとして回していました。

良かったら参考にしてみてください。



ポチっ!としてもらえると励みになります。
スポンサーサイト

おはようございます。
ちょうど始めようかと思っていたところなんです。
こんなに早く回答いただけるなんて!
ありがとうございますv-398
時間がかかるのは当たり前だと思っても良いんですね(^^)
早速やってみます、ありがとうございますe-466

2007.08.20 09:53 URL | さとみんみん #d3xRQPUk [ 編集 ]

予備校も今まで出してない問題を出題
して来るでしょうから、出来なくてもあまり
落ち込まないようにしてます。
復讐して知識としていくようにとかんがえるようにしてます。
その方が焦らなくていいようです。


2007.08.20 19:23 URL | なむ #- [ 編集 ]

答練6回、模試4回、総問題数600問!!
今年こそ、これを合格への王道パターンにしたいです(^^)

直前期には10回分を1サイクルで回せるくらいの
問題数に減少したということですよね
もう少し深読みさせて頂きますと
無理に△や×印の問題の全滅を目指すというよりは
少しでも自信がなかったら△や×を
決して○には昇格させずに、直前期まで何度でも回す
という感じでしょうか?


2007.08.20 23:45 URL | マグナムTK #- [ 編集 ]

>さとみんみんさん
いえいえ、どういたしまして!^^
やっぱり復習に時間はかかりますよね。
それでも、なんとか期間を空けずに取り組むようにしてください。
頑張ってください。応援してます。

2007.08.21 01:05 URL | せきかわ #- [ 編集 ]

>なむさん
おっしゃる通り!
答練、模試はシミュレーションでもありますが、問題収集の絶好の機会です。
点数が悪くても焦るのではなくて、バネにして追い込みの原動力にしていきましょう!^^

2007.08.21 01:09 URL | せきかわ #- [ 編集 ]

>マグナムTKさん
○への昇格については、なんでその答えになるのかが分かっていれば構わないと思いますよ^^
それと、時間の経過とともに降格ということもあり得ますので、直前に時間があればフルコース、フルマラソンで再チェックしてみるのもいいと思います。

模試、答練、問題集すべてあわせれば、その肢の数は数千に及びますよね。
この方法では、そんな肢たちが△や×から○に変わっていくのですから、間違いなく実力は上がりますよ^^

2007.08.21 01:16 URL | せきかわ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://sekikawa.blog94.fc2.com/tb.php/184-7450a1e4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。