情熱の行政書士せきかわの挑戦

日常の出来事や感じたことを思うがままに綴っていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
領収書の整理をしていてふと思いました。
収入証紙って、勘定科目は収入印紙と同じく租税公課で良かったんだっけ?

収入印紙と収入証紙の違いはご存知ですか?

収入印紙は、税金で印紙税等として国に納めるためのもの。
それに対し、収入証紙は、手数料、使用料として都道府県に納めるためのものです。

この違いを考えると、勘定科目は別になるのでは?と
思ったわけです。

そこで、ネットを使って調べてみると
どうやら、どちらも租税公課でいいようです。
(収入証紙は支払手数料でもいいようです。)

収入証紙は手数料なのに租税なの?と思い、
辞書検索をしてみると・・・

こう‐か【公課】
国または地方公共団体によって課せられる租税以外の公の金銭負担。分担金・手数料・使用料など。
(検索辞書:大辞泉)

なるほど。



ポチっ!としてもらえると励みになります。
スポンサーサイト

 確かに、収入印紙、事業税などは租税公課です。
 会社設立手続の場合ですが、申請の際、納付する登録免許税は収入印紙ですが、登記簿謄本や会社の印鑑証明を取得する際は登記印紙となります。従って、収入印紙以外は、消費税が含まれているはずですから、領収書は分けて貰っています。
 なお、会社設立手続の場合の登録免許税は、預かり金として処理できると思います。

2007.07.08 01:44 URL | 覆面行政書士ミル・マスカラス #1DC2eodg [ 編集 ]

>覆面行政書士ミル・マスカラスさん
なるほど。勉強になります。
登記印紙には消費税が含まれているのですね。
登録免許税は預かり金として処理できるとのことですが、実費としてお客様から頂いている収入証紙代も同じように預かり金として処理できるということでしょうか。
実費も含めて売り上げとして計算し、実費は経費として計上するのか迷っていました。

2007.07.08 02:14 URL | せきかわ #- [ 編集 ]

 消費税の免税点の問題がありますから、売上が1000万円超になったら、絶対に預り金として処理した方が得策です。それまでは、どちらでも構わないと思います。

2007.07.08 02:30 URL | 覆面行政書士ミル・マスカラス #1DC2eodg [ 編集 ]

>覆面行政書士ミル・マスカラスさん
重ね重ねありがとうございます。
これは大きい。
どちらでもよくてもどちらで処理するかによって大きく違ってくるんですね。

2007.07.08 03:00 URL | せきかわ #- [ 編集 ]

とてもためになるお話ありがとうございます。
租税公課の意味がよくわからないでいたのですが、これで納得です。

2007.07.08 21:51 URL | もいっち #- [ 編集 ]

>もいっちさん
参考にしてもらえたら嬉しいです。
勘定科目は会社員のときに一応かじってはいるのですが、知らない項目が多く、いまだ手探り状態です^^;

2007.07.09 00:54 URL | せきかわ #- [ 編集 ]

せきかわさん、こんばんは。
登記といえば、せきかわさんは法務局によく行きますか?僕は司法書士事務所勤務の仕事柄ほぼ毎日行くのですが、札幌駅北口の本局はいつも混みますね。
 会社登記関係は本局(謄本、印鑑証明書は何処でも取れますが)なので、もしかしたら法務局ですれ違っているかもしれませんね。

2007.07.09 02:41 URL | すず #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://sekikawa.blog94.fc2.com/tb.php/142-e13f6c1b

税金が気になったぞ
000円)とされる。ただし、自主的にその不納付を申し出るなど一定の要件を満たせば、不納付額の1.1倍とされる。また、印紙を適切な

2007.08.03 22:27 | 税金が気になったぞ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。